クレジットカードおすすめランキング
 

ソファーとテーブル 賃貸の物件やマンションなどの集合住宅に居住している人にとって、決して無視することができない存在が借地権と借家権です。
前者は建物を所有するという目的のために必要な敷地の利用をする権利のことをいいますが、後者の場合には建物そのものを所有する権利となっています。

 

 

特に借家権の場合には、契約を結ぶにあたってはざまざまな契約の仕方があり、建物を所有する権利がどのくらいの期間存続するのかは契約の仕方によって大きく異なってきます。そのため、借りた敷地に住宅を建てて、そこで生活をしているような人は自分がどのような契約の仕方によって建物を所有する権利を結んでいるのかを知っておく必要があります。

 
建物を所有する権利にその存続期限が設けられていない場合、当事者から契約の解除を申し出ない限り、権利は持続していくことになります。つまり建物を賃貸物件として貸し出している大家や借主からの契約の解除の申し入れがない限り、建物を所有する権利は継続し続けることになるのです。また、大家側から契約の解除を申し出た場合、契約の解除は6ヶ月を経過しなければ効果を発することはありません。

 
建物を所有する権利に存続期限がある契約を行なった場合、その契約期限が終了となる時点で大家側から更新拒絶をする必要があります。もしも、更新拒絶が行われないときには同じ条件での契約が続けられることになります。
ダイニング01