普通借地権

土地の貸し借りについて定めていた旧借地法にかわって、1992年新たに借地借家法という法律が制定されました。借地法の時代に締結された契約の更新については従来の借地法の規定に従いますが、現在新たにおこなわれる借地契約はこの新しい借地借家法の規定に従うことになります。
普通借地権とはこの新しい借地借家法において導入された多様な借地権の一つです。旧借地法で定められていた建物の構造により借地権の期間が異なる制度は廃止され、借地権の存続期間は一律30年となりました。当事者間でこれよりも長い期間の借地権を設定することも可能です。原則として借地権は存続期間が満了した際に消滅しますが、当事者間の合意などにより契約を更新することができます。1回目の更新における借地権の存続期間は20年、2回目以降は10年となります。なお通常は地主の側に正当な理由がなければ契約満了時に更新を拒否することはできず、借地権者が希望すれば契約は自動更新されます。また契約終了時に建物が現存している場合は、借地権者は地主に対して建物の買い取りを請求することができます。もちろん土地の所有権が移転した場合においても、新たな所有者に対して借地権者はその権利を主張することができます。