借地権について

借地権とは第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てる際に、その第三者から土地を借りる権利のことをいいます。
ですからこうした場合、建物は自分のものですけど、その土地は他人のものとなりますので、地代の発生や建物賃貸契約上また借地借家法によって地主との間にどうしても様々な制約が生じてくることになります。
例えば建物を売却したり、譲渡したりしたいときにも土地所有者の許可が必要になりますし、名義変更のためにも手数料を支払わなければなりません。また、売却する時にも資産価値は低くなってしまいます。
こうした物件に関しては普通の不動産とは違い、借地の権利を持つ人と、地主との間で生じるトラブルや親族間での相続問題なども多く、非常に扱いにくくなってしまうことがあります。
ですから仮にこの点に関するノウハウを十分に持ち合わせていない業者にこうした物件販売の依頼をしてもより一層問題が悪くなる可能性があります。
しかし、この点で優れた知識と経験を持ち合わせている専門業者もありますので、そうした業者を見つけることは大切になります。
そうした専門業者は親切に相談に乗ってくれて出張査定なども無料で行ってくれますので安心して売買を行うことができます。