土地を使用・収益できる権利

土地を使用したり、収益することができる権利には様々な種類があります。その中でも所有権は、一番強い支配力を持つ物権で、自由に利用、収益、処分をすることがきます。もし、所有物に対して第三者が妨害行為をした場合には、所有権に基づいて返還を請求したり、妨害を排除、予防することができます。地上権は、工作物や竹木を所有するために設定することができます。地上権も物権なので、妨害を排除する請求権を行使することができますし、貸主の承諾を得なくても自由に譲渡、転貸が可能です。地役権を設定すると、自分の所有地の利益のために他人の所有地を利用することができます。例えば袋地の所有者が、道路に出るために通路を利用させてもらったり、用水路を通すために設定できます。不動産質権は、債権を担保するための質権の一種ですが、質権者は質入れされた不動産の使用、収益をすることができます。その代わりに、債権の利息を請求することはできません。賃借権は、よく利用される権利です。賃貸人が賃借人に、不動産等を使用、収益させて、その対価として賃借人が賃借料を支払う契約を締結して成立します。建物所有を目的とする場合には、借地借家法が適用されます。